RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

category:-,2015.10.11 Sunday
冬の節電 電気代もかからず、熱いくらい温まる! 低価格でどこでも使えて便利 電気ひざ掛け


暖房器具で定番なのは、石油ファンヒーターやエアコン、ガスファンヒーター、コタツ、電気カーペットなどだが、何が一番省エネかと言われれば、各メーカーにより性能差はあるものの、効率を考えると、石油ファンヒーターなど灯油を使うものになる。

これは、灯油が、他の電気やガスに比べて、比較的安いため。どういうことかというと、それぞれが持つ熱量に違いがあり、値段の割に熱量が高いのが、灯油。

どのくらいの差かというと、10月の全国平均を基準に考えると、灯油は1円あたり約111.93kcalあり、他の都市ガス 約61.45kcal、プロパンガス 約46.24kcal、電気 約37.39kcalに比べダントツに高い。 この灯油の1円あたりの熱量は、全国の店頭価格・配達価格の平均をもとに算定したため、店頭で買うならさらに、効率がよいことになる。

もちろん、灯油を買いに行ったり、灯油タンクにイチイチ入れたりという手間はあるが、同じ空間を温めるなら、石油ファンヒーターや石油ストーブは、優れていることになる。

冬の節電を考えた場合、部屋を温めることで、人も温まるというのは、要するに、温かい空気で人を温めるということで効率が悪い。部屋を温めるのではなく、人が温かければいいじゃないかと考えると、電気ひざ掛けなどが最適になる。

電気ひざ掛けの利点は、熱量では電気は、灯油にもガスにも及ばないが、電気は火を使わずに温めるため、体に密着して温めることができること。

それなら、電気カーペットと同じと思うかもしれないが、熱を発する面積とカラダに密着させる部分に大きな差がある。電気カーペットは温める面が大きい割に、人と接する部分は小さいが、柔軟な電気ひざ掛けはカラダに巻きつけることもできる。

そして、保温性の高い生地とセットになっているところもポイントが高い。電気ひざ掛けが発売される大分前から電気敷き毛布は売られているが、どちらも、仕組みは同じようなものだが、電気ひざ掛けは生地が厚く保温性が高い。保温が効くということは、それだけ、熱を逃がさないということで、その分、熱する必要がない分、省エネ。

消費電力でみても、電気ひざ掛けは50W前後が大半。この電力は、コタツと比べると1/10ほど、家庭用のよくある丸い蛍光灯の照明一つと同じか、それより低い。

消費電力が低いというのは、節電には打ってつけなのだが、電気ひざ掛け自体、それほど高いものではないのもいいところ。節電になるとはいえ、本体が何万円もとなると全体の出費としては面白くないが、低価格で大きな節電・節約につながれば、直接、普段かかる分のお金が浮くため、お得感もある。

今年の冬は、電気ひざ掛けをメインに節電しようということで、各社の製品を比べてみることに。人気があるものとしては、『ナカギシ 電気ひざ掛け 日本製 140×82cm NA-052H』、『山善(YAMAZEN) 電気ひざ掛け毛布 YHK-550』、『Panasonic 電気ひざ掛け DC-H3-T ブラウン』、『KOIZUMI 電気肩ヒザ掛け 【腕がだせるスリット付き・腰にも巻けるボタン付き! 】KDH-5096』など。

高温でダニ退治するダニ退治機能、丸洗いOK、温度を適切にコントロールするという機能はどれにでもついているが、製品により、ちょっとした違いもある。

『ナカギシ 電気ひざ掛け 日本製 NA-052H』は、消費電力が55W、サイズが140x82cm、素材がアクリル100%。アクリルは、厚手の生地で保温性に優れているのが特徴。見た目は、定番な感じだろうか。

55Wだと、東電では、1kWh=約25円(従量電灯B 120kWh〜300kWh)だから、強で使い続ける人もいないと思うが、強で1時間使い続けた場合、1.375円。仮に、24時間つけっぱなしでも、33円。

『山善(YAMAZEN) 電気ひざ掛け毛布 YHK-550』は、消費電力が55W、サイズが120x62xm、素材はアクリルとポリエステルがそれぞれ50%。比較的、コンパクトな電気ひざ掛けだけに、オフィスなど周りに気を使う場所では良さそうだ。

『Panasonic 電気ひざ掛け DC-H3-T ブラウン』は、サイズが155x93cmと大きめで、消費電力も75Wと高い。素地は、アクリル100%。W(ワット)数が、直接、温める強さになるため、かなり温かいはず。もちろん、温度調節できるため、これは強で使うならという話。

75Wで同じように計算してみると、1kWh=約25円で、1時間で1.875円、24時間でも45円ということになる。この他、肩掛け用のボタンもある。

『KOIZUMI 電気肩ヒザ掛け KDH-5096』は、サイズは160x93cmとさらに大きく、消費電力は50W。素材は、アクリル 50%、ポリエステル 50%。こちらは、ファスナーを開けば腕が通せて、ボタンもあり、肩掛けとしても使えるタイプ。足腰よりも、背中が寒いという方には、便利。

それぞれをみたところで、足腰が冷えることと、自宅で使うということで、『ナカギシ 電気ひざ掛け 日本製 140×82cm NA-052H』に。

使った感想としては、思ったよりも温かいというか、強だと熱さを感じるほど。55Wは消費電力としては、大した電力ではないのだが、これだけの熱くなるのかと驚いた。コタツに近い感覚で、コタツの消費電力の高さを考えると、いかに節電向けじゃないかが分かる。

アクリル100%ということもあり、保温性は高いのだが、ポリエステルと違い、細い繊維がわずかに付くことがある。どんどん、くっつくというものではないが、スーツなどを着て使うと、電気ひざ掛けの色によっては、気になるかもしれない。

今までだったら、石油ファンヒーターを使わないと寒くて辛いという温度でも、電気ひざ掛けを使い始めたら、大分使わなくても済むようになった。これは、大きな省エネにつながりそうだ。実感としては、これなら、すぐにモトが取れそうだ。

しばらくして、『Panasonic 電気ひざ掛け DC-H3-T ブラウン』も、母のために購入。実家では、コタツを使っているのだが、母は脚が悪く、イスに座っているため、ヒザ下をコタツに入れるだけ。それでは、寒いだろうということで。

この温かさには、母も驚いてました。これがあれば、コタツはつけなくても平気と。暑がりな父に気兼ねせず、温まれるのもいいとのこと。

家族みんなでいるときは、石油ファンヒーターなどで温まり、一人のときは、電気ひざ掛けで手軽に温まるというスタイルも、アリなのかもしれない。

電気ひざ掛け



 
JUGEMテーマ:日記・一般
category:冬の節電 温まるグッズ,2012.12.05 Wednesday
雪かきで腰が辛くない!車1台分なら体力も使わず、わずか2分ぐらい♪ あると便利な、低価格な除雪機


昨年の話なのだが、私の兄が、札幌に転勤して、早々に腰を痛めてしまった。理由は、雪かき。実家では、雪がそれほど積もることはないため、慣れてないからじゃないかと単純に思ったのだが、話を聞くと、想像していた雪かきとは大分違っていた。

朝起きると、まず雪かきで駐車場から車を出せるようにし、それから、出勤。そして、帰宅したときは、駐車場の雪かきをしてからじゃないと車が止められないという。

1日に2回も雪かきし、もちろん、翌日にも雪は降る。寒くても、雪かきをすれば、汗だくで、いちいち着替えなければならないし、仕事もあるから、雪かきを早く済ませようと無理していたようで。

北海道というと、とにかく、豪雪地帯で雪が多いと思われがちだが、札幌は北海道では比較的雪が積もらない方だとか。札幌市内でも場所によって、多い少ないがあり、兄が住むところで、雪は、30〜40cmぐらいはあるとのこと。

仕事で疲れているところ、やらざるを得ないからやっていたら、腰に痛みがという話。それから、しばらくは、腰を気遣うような生活をすることになり、その年は、スノボーなどのウィンタースポーツはなし。3ヶ月ほどで何も言わなくなったところをみると大丈夫そうだが。

腰痛めるとクセになるというし、治るのにも時間がかかるということで、カラダへの負担を軽くするためにも、家庭用除雪機を試しに買うことに。

仕事が忙しい兄に代わり、どんな除雪機があるか、良さそうなものを私がまとめて、兄に伝えることにしたのだが、私自身、雪かきはあまりしたことがなく、除雪機についても分からないことが多く、とにかく調べた。

まずは、家庭で使う除雪機は、いくらぐらいなのかというと、安いもので2万円台、高いものだと50万円前後まで。50万円と聞くと、高いという思われそうだが、一口に除雪機と言っても、降り積もる雪に様々なタイプがあるように、性能には大きな違いがある。

性能の違いというのは、1時間当たりにどのくらいの量を除雪できるかの『除雪能力』、除雪した雪をどこまで飛ばすかの『最大投雪距離』、除雪できる雪の高さの『除雪深さ』など。

そして、本体を人が押して使うタイプか、それとも、人が操作して本体が動いていくタイプかでも、もちろん、価格が全然違い、本体が前に進むタイプだと、比較的大掛かりで安くても10万円台。

後は、雪がどのくらいつもるか、どのくらいの広さを除雪したいか、雪かきする状況などに合わせて、必要な性能のものを選んで、できるだけ安くというのが、ポイントになる。

除雪する際に、除雪機のみでほとんど済ませるか、それとも、雪かきしながら、除雪機も使いつつ、手間を減らすという使い方もあり、工夫次第。とりあず、雪が積もる量別に、どのような除雪機が役に立つかを考えることに。

雪の積もる量が35cm以下で、電動のものだと、『軽量デザイン、環境にやさしいGreenworks 26012 12-Inch 8 Amp電動除雪機』(約10cmまで)、『家庭用電源で使えるハイパワー1500W 電動手押し除雪機 スノーモンスター YT-660 20メートル延長コード付』(約30cm)、『電動除雪機 スノーエレファント アルファ工業』(35cm)、『電動除雪機1600W ハイガー産業 HG-K1650』(33cm)など。

雪の積もる量が30cmほどだと、燃料を入れてエンジンで動くタイプだと、『【500日の保証付】手動式4馬力エンジン 小型除雪機 スノーバスター1000』(33cm)、『ヤマハ発動機 手押し除雪機 ファミリーモデル ゆっきぃ YU-240』(33cm)など。

雪は積もってるけど外に出られないほどでもないという地域で、家庭向けとしては、だいたいこのタイプ。除雪できる高さは、30cm前後ではあるものの、雪の上に上げて除雪したりもできるため、多少の融通は利く。

特徴としては、本体が比較的軽く、除雪機としては収納に場所をとらないため、車のタイヤを入れるくらいのスペースで十分。

手押し式で、本体がスイッチを入れると進むというタイプではないので、操作もしやすく、事故も起こりにくい。

手押しというと、雪に向かって押すから、大変じゃないかと思われそうだが、本体が雪を削って、離れた場所に飛ばしてやるため問題なく、分かりやすく例えると、芝刈りみたいなもの。

雪を飛ばす方向は、本体から出ている煙突のような部分を自由に動かせるため、好きなところに雪をためることができる。

このタイプでは、電動式とエンジン式の2種類があり、どちらにも、長所と短所がある。

電気式は、音が静かなため、音をたてにくい朝などでも近所に気兼ねなく使え、朝、出勤前に済ませたいとなると、このタイプは便利。ただ、広い範囲を除雪するとなると、電源ケーブルで延長する必要があったり。

エンジン式は、電動式に比べ音が大きい分、馬力もあり、燃料さえ入れれば、どこでも使える便利さがある。エンジン式でも、ヤマハ製は、低騒音になっていたり、そこら辺の配慮もされているが、値段は高めに。

アルファ工業とヤマハ発動機の除雪機には、製品紹介の動画などがあり、機能説明などが分かりやすい。


スノーエレファント アルファ工業


ゆっきぃ YU-240 ヤマハ発動機 

メーカーについて見てみると、ヤマハ発動機は、バイクやモーターボートなどでも知られる有名な国内メーカーだけに分かるのだが、他のメーカーについては耳なじみがなく。

アルファ工場は、兵庫県にあり、電動工具、ソーラーセンサー、アイディアグッズなどオリジナル製品を企画販売する会社。除雪機については、日本とカナダの共同開発で、米国、カナダ、ヨーロッパなどでの販売実績もあり。

ハイガー産業は、2009年に群馬県に設立された、中国の大手ガーデン機器製造メーカー HAIGEの日本直販会社。ドイツへの販売実績もあり、アフターケアも対応が早いという話が多い。日本の直販会社ということで、日本らしいサービスということかもしれない。

次ぎは、一晩に1メートル近く雪が積もる地域だと、エンジン式で50cm以上の雪を除雪できる 『Power Smart DB7659 22-Inch 208CC LCT Compact Gas Powered 二段除雪機』(55.9cm)、『自走式 除雪機 9馬力 ハイガー産業 HG-K905C キャタピラタイプ』(54.5cm)、『ハイガー(HAIGE) 自走式除雪機 163cc HG-KCM21』(53.5cm)、『ヤマハ除雪機 ベーシックシリーズ YT-660E 除雪量:35t/h』(44cm)など。

このタイプは、操作して、本体が動くという自走式。雪の上でも、タイヤやキャタピラで動き、馬力もある。馬力の目安としては、どんな雪でも、10馬力あれば大抵の除雪作業には十分と言われている。

特徴としては、除雪能力は非常に高く、新雪はもちろん、しまった雪や固まった雪でも除雪きでる。ただ、本体が大掛かりな分、重量があり、それなりの置き場所を用意する必要があり、価格もそれなりにする。

兄が住んでるところは、40cmぐらいの雪が積もるということで、『電動除雪機 D-1000 スノーエレファント』にしました。住んだとしても、数年ということなのですが、やはり、腰を痛めるとなると、買わざるを得ないということに。

本体につながる電源コードの長さは20mで、住んでる部屋と駐車場の距離が意外とあり、追加で延長ケーブルを買うことになりました。本体が12Aなので消費電力が1200Wということで、定格12Aで1500Wまで使える延長コード 『kowa 防雨延長コード 12A-10M KRW613-10』と、これにコンセントをはめ込むための 『ハタヤ プラグカッパー KGS-1』も購入。

『kowa 防雨延長コード 12A-10M KRW613-10』のコンセントの差込口は、家の中のコンセントの差込口に問題なく挿せるのだが、除雪機のコンセントを延長コードに差し込む部分は、水などが入らないように円形のキャップのようになっていて、それにはめ込むために、除雪機のコンセントにつけるのが、『ハタヤ プラグカッパー KGS-1』。

『ハタヤ プラグカッパー KGS-1』は、どうやってつけるかというと、後ろの黒い部分が、伸び縮みする素材で、そこを伸ばしてコンセントを通すだけ。後は、丸いキャップ同士がしっかりはまり防水に。

スノーエレファントを使うまでに、少々手間がかかったのだが、除雪が格段に楽になり、車を止める程度の除雪なら、2〜3分。後は道路までのルート上をやるだけで、仕事から帰ってきたときは、手間も時間もかからず、こんなに簡単に除雪できるなら早く買っておけばよかったと喜んでました。

話していたのは、除雪スコップでは、雪をすくって、どこかに投げるという動きが、腰に負担が来るだけではなく、体中を使っていて、それが除雪機では、押してやるだけで雪を投げるとこまで、こんなに楽なものはないと。

私自身の感想としては、初めは、雪かきがどれほど大変かも知らないため、除雪機としては、かなり低価格になっているのは、分かりつつも、金額が金額だけに必要なものなのかなと当時は思いました。

それでも、腰を痛めているというのが、大きくて。これ以上、体を悪くすれば、仕事にも差し支えるだろうし、何より、健康を害するのは良くないということで。

これで、今年の冬は腰を痛めることもないだろうし、家族としては安心できるところ。



10cm〜35cmまでの除雪向け 電動タイプの除雪機


30cm前後までの除雪向け エンジンタイプの除雪機


豪雪地域の除雪向け エンジンタイプの除雪機


除雪機に使った延長コードなど



 
JUGEMテーマ:日記・一般
category:冬の雪かき 電動除雪機、氷を砕く グッズ,2012.11.15 Thursday