RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

category:-,2015.10.11 Sunday
中国の大気汚染 花粉よりも手強い PM2.5対策 どんなマスクを着用するか 花粉用、風邪用、N95、粉じん用、DS2


中国の大気汚染で、最近、問題になりつつあるのが、PM2.5 (ピーエム2.5)。PM2.5は、2.5マイクロメートル以下の微小粒子のことで、この大きさは、髪の毛の太さの1/30。

これらは、工場の煙突や自動車の排ガスに多く含まれる粉じんのようなもので、中国での急速な経済成長の裏でないがしろにされてきた環境問題が、これまで類をみない大規模な公害として表れたもの。

PM2.5を大量に吸い込むと、気管支炎、喘息(ぜんそく)、肺がんになる恐れがあり、花粉症も悪化すると見られている。

花粉症と大気汚染は、複合汚染を引き起こすということは、日本ではすでに研究で確認されている。花粉症と微小の炭素状粒子が体内に入ると、合併症のような症状になり、花粉症は鼻水や目のかゆみなどだが、微粒子は肺の肺胞にまで入り、炎症を引き起こし、細胞死が増加すると最悪、肺がんになることもある。

このPM2.5への日本の環境基準は、大気1立方メートル当たり日平均 35マイクログラム以下、通常は、これを下回っている。これが、中国国内、北京では一時 900マイクログラムを記録、300マイクログラムなら低い方だというからレベルが違う。

すでに日本へも影響は出始めており、九州の福岡県 福岡市では、今月に入り全国初の予報制度を開始。2月22日の全6ヵ所の観測地では、1日平均値が39〜49マイクログラムと環境基準を超え、翌日の23日には、西区元岡では時間平均で104マイクログラムを記録。

福岡県内では、22日に大宰府市で1日平均 54マイクログラムを記録、県内観測地18ヵ所のうち、17ヵ所で環境基準を超えている。

環境省では、環境基準の2倍にあたる 1日平均 70マイクロメートルになると、各都道府県で外出や換気を避けるよう対策案を出しています。

冬の時期は、大気の動きが活発ではないため、中国の上空にある大気は頻繁に日本に流れ込まないものだが、3月から夏前までは、移動性高気圧の影響で、日本の方向へ流れる。

本格的に、日本に影響が出るのはこれからで、これは、ちょうど花粉が飛ぶ時期とも重なっている。私自身は、酷い花粉症で毎年悩まれるため、今回は、PM2.5も考慮して、マスクを買うことに。

PM2.5は、2.5マイクロメートル以下という意味で、これより、小さいものも含んでいる。そのため、外出する際に使うマスクも、最低でも、2.5マイクロメートルを通さないもの、できれば、もっと細かいマスクがいいということになる。

マスクは、空気中に浮遊するものを吸込まないようにブロックするものだが、浮遊しているものの大きさは様々で、何を吸込まないように作られたマスクかで、フィルターの細かさが違う。

身近な花粉用マスクは、花粉をブロックするものだが、花粉は意外と浮遊してるものの中では大きく、10〜30マイクロメートルもある。これだと、PM2.5よりも、かなり大きいため、PM2.5向けとしては、花粉用マスクは効果がほとんどないことが分かる。

風邪用マスクは、どうかというと。N95、N99、N100と書かれていないものの場合、飛まつ、セキをしたときに口から飛ぶしぶき向けに作られているため、飛まつの大きさである5マイクロメートル向けとなり、これで、PM2.5向けに使うのは心もとない。

風邪用マスクでも、N95、N99、N100というものがあり、この意味は、0.1〜0.3マイクロメートルの微粒子を95%カットできるのが、『N95』。99%が『N99』、100%が『N100』という意味。米国労働安全衛生研究所の規格。

ウイルス用マスクとして、一般的なのが、N95なのだが、これは、北京の日本大使館での日本人向け説明会でも、N95のマスクを使うよう呼びかけている。
 
N95、N99、N100だと、PM2.5の他、火山灰などでも使えるレベル。身近に、火山があり、噴火するような場所なら、火山灰向けとしてもあると役に立つ。

N95などのマスクでは、『山本光学 YAMAMOTO 7500 N95マスク 20枚入』、『N95マスク スーパーガードプロ』、『MEDICOM N95マスク AM42-2320-20【1箱(20枚入)】〔ウィルス・花粉・黄砂対策〕』、『N95マスク(折りたたみ式) 1870』など。

花粉用、風邪用が身近なマスクですが、もちろん、粉じん用マスクも効果がある。粉じん向けということで、防じんマスクとも呼ばれる。

防じんマスクには、厚生労働省国家検定規格もあり、あまり知られていないが厳しい基準で、0.06〜0.25マイクロメートルの粒子で、どのくらいブロックできるかを表したもの。

この規格では、市販されえいるものの性能が条件を満たしているか、抜き打ち検査を定期的に行っている。N95に相当する、防じんマスクの規格は、『DS2』。DS1よりも、DS2の方が優れている。

DS2の防じんマスクは、『防じんマスク No.9322J-DS2 1パック (10枚入) No.9322J-DS2』、『トラスコ (TRUSCO) 使い捨て防じんマスク 10枚入り T35-DS2』、『3M(スリーエム) 防護マスク 9211 N95 10枚入』、『3M社製 N95マスク 8210 N95(1箱20枚入)』など。

使い捨てではない防じんマスクは、さらに、高性能。業務用としても使われ、呼吸もしやすく、1つのフィルターで長時間使える。

高性能な防じんマスクは、『シゲマツ 取替え式防じんマスク DR31C2ML』、『防じんマスク No.6000/2091-RL3 M No.6000/2091-RL3』、『興研 防じん機能付き防毒マスク 7121R-02型』、『3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率) 放射能物質対応』など。

私が購入したのは、『山本光学 YAMAMOTO 7500 N95マスク 20枚入』。見た目が、ありがちな立体マスクに近く、折りたためばコンパクトで持ち運びにも便利。

ちょっと大きめ箱に入っているのだが、一つ一つが個別包装。耳に掛けるタイプのマスクと違い、頭の後ろに2本のヒモをかけ、好みに合わせて締めることもできる。

使わないときは、ヒモを1つ外ずし、折りたためば、コンパクトな状態で首から下げることもでき、必要に応じ、付けたり、外したりがしやすい。

生産国は、中国なため、現在の状況を考えると、どうしようかとも思ったのだが、どこのメーカーも中国製が多く、中国メーカーのマスクを輸入して販売しているだけというモノではないだけに、日本メーカーならということで、購入した。

見たところ、立体マスクとしては低価格な方ながら、品質は良さそうと好印象。マスクをつけると、ちょっと尖った状態にはなるのだが、街中では、このくらいならおかしくはないだろう。

N95マスク


防じんマスク N95、DS2(N95相当)


高性能 防じんマスク



 
JUGEMテーマ:日記・一般
category:花粉症、PM2.5、黄砂、放射能対策,2013.02.27 Wednesday
カセットボンベだけあれば、電気も電池もいらない!コンパクトで停電時にも便利、普段使いでもなかなか カセットガスストーブ


最近、イワタニから、鍋などでお馴染みのカセットコンロに使うガスボンベを使った、カラフルなカセットガスストーブ CB-STVのCMをよく見かけるが、カセットガスストーブはどうなのだろうか。

カセットガスストーブは、家庭用暖房器具としては、あまり知られておらず、暖房器具を買うぞというときに、まず、思い浮かばない。では、新しい分野なのかというと、実はそんなことはなく、コンパクトで携帯に便利なことから、アウトドアや釣りなどではよく使われ、屋内用というものも中にはある。アウトドア向けとしては、かなり前からあるもの。

そのため、あまりテレビCMなどで見かけることもなく、知名度が低いのだが、イワタニでは、室内用カセットガスストーブで大きく宣伝、他の暖房とは違うため、どこか新鮮さも感じる。

室内で使うとなると、日々使うだけに、まず、気になるのが、効率、割に合うものなのかということで、これを少し考えてみよう。

ガスボンベは、意外と価格差が激しく、1本300円以上するものもあれば、100円ぐらいというものもある。中身については、昔は差があったものの、現在ではその差はほとんどない。

問題は、都市ガス、プロパンガス、ガスボンベで、コスト面はどうなのか。都市ガスとプロパンガスは中身が違うため、同じ量でも熱量は違う。2013年10月の全国平均でみると、1円あたりの熱量は、都市ガス 約61.45kcal、プロパンガス 約46.24kcalになる。では、ガスボンベはどうだろうか。

ガスボンベは、ノーマルとハイパワーに分かれ、ノーマルは中身がブタン、ハイパワーはイソブタン。何が違うかというと、ノーマルが-0.5度までの使用に対し、ハイパワーは-11.7度でも使えるのが特徴。

さらに、ハイパワーにも種類があり、イソブタンが70%のものと、95%ほどのタイプがあり、もちろん、後者の方が高い。そのため、ハイパワーにも、安いものと高いものがある。

熱量に関しては、大きな差がないため、ノーマルの液化ブタンで計算すると、1kgあたり11830kcalだから、ボンベ1つ(250g)が300円だと、1円あたり約9.86kcal、100円の場合でも、1円あたり約29.58kcal。

もし、ガスボンベ1つが100円でも、プロパンガスより安いとまでは言えないが、電気の1円あたり約37.39kcalだから、これにははかなり近い。使用する燃料としては、ガスボンベはやや高めにはなるが、保管しやすさを考えると、そう大きな差ではないかもしれない。低価格なものでは、100円を切ることもある。

カセットガスストーブは、本体の大きさだけでいえば、電気で動くセラミックファンヒーターも小さいものがあるが、コンセントに差し込み、それなりに大きな電力を消費しているが、カセットガスストーブの場合、よくあるタイプで、1時間あたりに1.0kW(900kcal)ほどの熱を発するが、これが、ガスボンベだけで本格的に温かいのがスゴイところ。

最大 1.0kWだと、ガスボンベ1つで、3時間半ほど。震災後、停電が続いたことから、石油ストーブが見直され、我が家でも購入したのだが、カセットガスストーブも、コンパクトさでは優れており、電池すら不要ない。灯油よりも、ガスボンベの方が保管しやすく、カセットコンロの煮炊きにも使えて、こちらも十分選択肢になり得る。

イワタニが発売したカセットガスストーブは、屋外やアウトドア向けと違い、安全機能が充実している。室内酸素濃度が低くなるとガスを遮断する不完全燃焼装置、火が消えると自動でガスを遮断する立消え安全装置、カセットガスの圧力が異常に上がると自動でガス缶がはずれたり、転倒時の消火など、室内専用はダテではない。

重さは、ガスボンベを含めても約3kg、見た目も良く、室内向けに洗練された感がある。ただ、これには、オンオフのみで、燃焼具合を調節することはできない。ワインレッド、マカロングリーン、マカロンピンクのカラフルな3タイプを今年発売したが、これは、昨年、灰色のみで発売し、早々に売り切れたヒット商品がもとになっている。

イワタニという名は、聞いたことがある方も多いと思うが、どんな企業なのかというと、家庭で使うガス機器を取り扱うだけではなく、ガスの産出国からLPGを買い、輸入なども行なうガス・エネルギー企業。液化石油ガス(LPG)のシェアでは、国内トップ。

屋内用としては、『グリーンウッド カセットボンベ式ポータブルヒーター 屋内用 ブラック GCP-221』などもあり、こちらは、最大 2.2kW(1,900kcal/h)だが、火力調節機能がある。こちらも、転倒時消火、不完全燃焼防止機能もあり、イワタニのカセットガスストーブとほぼ同じ安全機能がある。

屋内用と屋外用の違いは、各種安全機能があるかどうか。カセットガスストーブは、本来は屋外で使うものだけに、屋外用はかなりある。使う状況としては、キャンプや釣りなどのアウトドアになるが、屋外でのバーベキューでカセットガスストーブを使うと、かなりリッチというか、場馴れした感があり、カッコがいい。

屋外用では、『GASPIA(ガスピア) カセットボンベ式ポータブルガスヒーター PGH-1100』、『グリーンウッド ポータブルヒーター GCP-160』、『カセットガス ジュニアヒーター イワタニ CB-JRH-2 』など。

『カセットボンベ式ポータブルガスヒーター PGH-1100』は、一見、オーブントースターのようなカタチ。専用ケースがあり、これに入れれば、持ち運びにも便利だが、保管するにしても、湿気が多い物置でも傷み難く安心。ヒーター部分は、1時間あたり 800kcal。

『グリーンウッド ポータブルヒーター GCP-160』は、ヒーターは最大で1.6kW(1400kcal)、火力調節はできるため、ガスボンベ1つで強なら2時間ほど。安全装置は、ガス缶の圧力向けのみ。風に弱いところも。

『カセットガス ジュニアヒーター イワタニ CB-JRH-2』は、必要最小限な作りで、これ以上ないコンパクトさながら、本格的なヒーター。最大で1.4kW(1200kcal)で、普通のガスボンベなら3時間使える。収納袋も付いている。

この他、カセットガスストーブとしても使え、普通のガスコンロとしても使える、一台二役な製品もある。災害時には、これ一台あれば、かなり役に立ちそうだ。

手軽に温まるものとしては、カセットガスストーブは他にない特徴があり、魅力を感じる。室内用なら、コードのわずらわしさもなく、どうしてもニオイがある灯油を用意し、保管する手間もない。買い物に行くのが面倒なときでも、ガスボンベをネットで注文すれば済み、ガスボンベはニオイがない分、どこにでも仕舞える便利さがある。

屋外用でも、寒い中でのアウトドアでは必須だが、コミケなどで外に長時間並ぶようなときでも、これがあれば、屋外の寒さ対策としては万全。四季があり、寒い時期が必ずやって来るため、外で作業するときに、あればあったで使いそうだ。

灯油は、確かに、電気やガスに比べれば、割安ではある。ただ、灯油は、店頭で買うにしても、配達してもらうにしても、何かと面倒が付きまとう。これに比べると、ガスボンベは、スーパーだろうが、ホームセンターだろうが、ネットでも普通に売られているため、簡単に入手できる。これは、スゴイことだ。

寒い時期になると、どうしても、灯油のわずらわしさが頭にあり、この不自由さはどうにかならないものかと考えていたため、『イワタニ カセットガスストーブII マカロングリーン CB-STV-2MG』を購入。

以前に、『電気ひざ掛け』の話を書いたが、もちろん、温かいは温かいが、冬が深まるにつれ、電気ひざ掛けをかけていない部分が、やはり、肌寒さを感じる。これなら、上から下までの着る電気毛布にすればよかったかなと思ったり。とにかく、石油ファンヒーターは、使いたくないことに変わりはない。

このイワタニ カセットガスストーブ兇蓮△匹里らいの大きさかというと、カセットコンロみたいなもので、それを立たせた様な感じといえば分かりやすいかもしれない。温かさは、思ったよりも温かく、点けてすぐの温かさでは抜群じゃないだろうか。石油ストーブのように、下から徐々にというのとも違う。

ニオイは、どうかというと、これを使い始めてから、家族が使う石油ファンヒーターのニオイが結構気になるほど、ニオイがない。あと、気が付いたのが、普通、ストーブは本体の上に、熱がどんどん上がるものだが、このカセットガスストーブは、意外と上が熱くならない。

反射板の配置のせいか、本体の高さが低いせいか、温かさが、広がってるようなところも、よくある石油ストーブとは違う。普通、石油ストーブは、上ばかりが熱くなり、サークレーターでも回さない限り、温度のムラが大きいが、これは、そうでもない。

買うときに、気になったのが、燃焼調節ができない、つまり、オン/オフしかなく、燃焼を低めになど調節できないことだったが、使ってみると、別になくても構わないというか、寒ければ点けて、熱ければ消すという感じで問題なかった。もしかすると、安全性を考えると、点くか、消すかが、ハッキリしている方がいいのかもしれない。

実際、使ってみると、この手軽さは、今まで感じたことがなく、多少、灯油より高くても、停電の備えを抜きにしても、便利な方がいいと改めて。

アウトドアモノが、室内で普通に使えるというのは、なかなかスゴイ。それにしても、昨年に売り切れただけのことはあり、イワタニ カセットガスストーブ兇蓮⇒汁朿阿僕イ譴發里世辰拭

屋内用 カセットガスストーブ


屋外用 カセットガスストーブ



 
JUGEMテーマ:日記・一般
category:冬の暖房 石油ヒーター ・ストーブ,2012.12.07 Friday