RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

category:-,2015.10.11 Sunday
冬の便利グッズ 足元が滑って危ない 分厚い氷も、簡単に剥がして砕ける アイスピッケル


以前、兄が、仕事で北海道に住んでいたという話をしたのだが、そのときに、除雪機に続き、後から買ったのが、氷を砕く 『アイスピッケル』。家庭用除雪機を購入した、キッカケは、兄が腰を痛めたためで、足元も危ないため、氷も砕こうということに。

個人的な印象としては、氷を砕くのに、『アイスピッケル』は、ちょっと値段が高いように感じたのだが、滑って怪我をしてからでは遅いということもあり。私自身、雪がそれほど積もらないところに住んでおり、そのように思っただが、実際、雪が降る地域に行くと、あると便利なものなのが分かる。

1年ほど前なのだが、兄を訪ねたところ、雪かきの量が半端ではなく、人ほどの高さの雪が普通にあり、しかも、足元が滑るのだが、氷の厚さが、物凄い。子供の頃、路上にある氷を踏んで割るのが楽しかったが、厚さは、ある方でも、1cmほどだったが、その厚さが10倍以上、大人が乗っても割れる気配がない。

北海道では、靴に取り付けるスパイクがあり、これを付けて歩くのだが、凍ると怖いのが、敷地から外に出る階段。ここが凍り、足を滑らせると、ある程度の高さから滑り落ちることにもなり、危ないところ。

私も、アイスピッケルを使ったのだが、これが、非常によく出来ており、予想以上に、簡単に氷が砕け、驚くほど。一方、氷を砕くとなると、鉄製の大きなシャベルやツルハシを使いがちだが、こちらは、かなり大変で、広い範囲はとてもできない。

大きなシャベルをタテに持ち、振り下ろしても、その部分だけ削れるだけで、力を使っている割に進みが悪く、やりすぎると、しゃべるの先端が曲がったりもする。ツルハシだと、穴は簡単に開き、氷を砕くことには役立つのだが、その分、重いだけに、いちいち振り下ろしていたのでは、体力的にも厳しい。

それに比べ、アイスピッケルは、ほうきで掃くような動きなのだが、氷を砕く事ができ、力を使うこともなく、非常に便利。これなら、子供や女性でも、分厚い氷を簡単に砕き、剥がすことができ、恐らく、男性がツルハシ、女性がアイスピッケルで競争しても、圧倒的に、アイスピッケルの女性が早いと思えるほど、大きな差がある。

なぜ、これほど簡単に、なぞるようにしても、氷が砕けるのかを考えてみると、まず、先端が尖っているため、力が集中すること、さらに、持ち方から、テコの原理により、より力を使わないということが、ポイントだろうか。

また、使い方として、横から氷に当てるのだが、この横からというのもポイントかもしれない。もしかすると、氷のでき方が、横に層状に重なるものなのかもしれない。そのため、横から突いた方が、砕けやすいのではないだろうか。

使っていて感じたこととしては、使っている方は、それほど力を使っていないだけに、大雑把にやってしまうのだが、先端には力が掛かっているだけに、氷の下にあるコンクリートなどを傷つけることもあるので、注意が必要。

氷に対して、正しく使えば、先端を傷めることは、そうそう無さそうだが、アイスピッケルの先の部分だけでも、買い換えることはできる。

  


 
JUGEMテーマ:日記・一般
category:冬の雪かき 電動除雪機、氷を砕く グッズ,2014.02.19 Wednesday
山登りや自転車で走る風景を迫力ある動画に 身に付けられる超小型ムービーカメラ 自転車やバイクにも取り付けできる


最近は、動画投稿サイト YouTubeの動画がテレビ番組で取り上げられたり、ブログなどにも動画を掲載する方も多く、大分、動画が身近なものに。

動画撮影というと、これまでは手のひらサイズのビデオカメラが一般的で、旅行や子供の運動会などで撮影する風景はよく見かけるのだが、最近、増えているのが超小型のムービーカメラ。

これは、記録メディアがmicroSDカードなど、小型化したことに加え大容量化したことで、軽量化が大きく進み、驚くような超小型に。

サイクリング時には自転車やヘルメットに、登山では肩に設置することができ、人の視点に近い、より臨場感のある動画撮影が可能になった。

超小型カメラのいいところは、ボタンを押せば勝手に録画し続けるため、撮影の手間がなく、スポーツを楽しみながら、撮影できていること。

小型だけに様々な状況で使用でき、モトクロス、スノーボードなどのスポーツの他、目線と同じにすることで日曜大工などで何かを作るときなどの記録など、考え次第でいくらでも活用の幅が広がる。

撮影する視点になるカメラを頭部に設置すれば、目線と同じように動き、肩や自転車に固定すれば、そこからの映像にはなるのだが、客観的に自分の行動を見ることができ、勉強にもなり、非常に面白い。

最近は、この分野の製品も安くなっており、1万円を切るものも珍しくない。ただ、体験したことを録画するという意味では、一発撮りになるため、画質はいい方が、より楽しめるのも間違いないところ。

『ソニー デジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカム HDR-AS15』、『JVCKENWOOD JVC スポーツカム ADIXXION GC-XA1 ブラック GC-XA1-B』、『Contour+2』、『Panasonic ウェアラブルカメラ HX-A100』、『自転車用ビデオカメラ Pianta(ピアンタ) GPS-11 位置情報が分かるGPS付きビデオ 位置と画像をリンク』など。

これらは、ほとんどが自転車をはじめ、様々な場所に設置できるようアタッチメントも豊富。動画には、もちろん、音声も録画されるのだが、性能面では違いがある。

『ソニー デジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカム HDR-AS15』は、アクションカムとしては人気の製品。特徴としては、本体が90gという軽さに加え、水深60mの防水性能があり、広角170度と広く映像を録画できる。


ソニー アクションカム HDR-AS15

他社製品に比べても、別売アクセサリーが豊富で、頭に取り付けるための 『ソニー ヘッドバンドマウント BLT-HB1』、自転車やバイクに取り付けるための『ソニー ハンドルバーマウント VCT-HM1』などもある。ハンドルバーに設置場所がない場合、『アクセサリーホルダー』を取り付けて、取り付け場所を確保することもできる。

この他、普通のハンディカムとしても使える 『ソニー グリップスタイルLCDユニット AKA-LU1』もある。これは、液晶モニターを取り付けることで、映像を見ながら録画できるハンディカムにもなるというもの。もちろん、外見は、ハンディカムそのもの。

肝心な映像については、1680万画素の『“Exmor R” CMOSセンサー』を搭載し、映像はきれいなもので、ポイントになるレンズ部分には、ドイツの有名な光学機器メーカー カールツァイスのテッサーレンズを採用している。レンズのクオリティの違いだけでも、映像の良し悪しを大きく左右するため、有名どころは安心できるところ。

撮影した映像は、フルHDの1080の高画質。その場で確認するなら、スマホやタブレットとWi-Fiでつなぎ、映像を確認でき、録画のスタート、ストップも選択できる。本体側面にある影響部分は、操作用なため、映像は映らない。

『JVCKENWOOD JVC スポーツカム ADIXXION GC-XA1 ブラック GC-XA1-B』は、本体の重さは126gほどで、手のひらサイズ。はじめの『ソニー アクションカム HDR-AS15』に比べると、スリムではなく、ずいぶんとふっくらしているように思うかもしれないが、この特徴は、非常にタフなところ。


JVC スポーツカム ADIXXION GC-XA1

-10℃でも動く耐低温、砂などにも強い防塵、5メールの防水、厚さ3cmの合板に2mからの単体落下テストもクリア。国内で最高権威のオーディオ・ビジュアル・アワード VGP 2013 Summerで、アクションカメラ部門で金賞も受賞している。

『JVC スポーツカム ADIXXION GC-XA1』の場合、こちらも、Wi-Fiでスマホやタブレットで映像を確認することができるが、本体側面の液晶部分で映像を観る事も可能。もちろん、映像は、フルHDで録画、広角で152度。

頭部に取り付けるときは、ゴーグルなどのバンド部分に挟めるたりすることになるのだが、別売アクセサリーには、ハンドルに取り付ける 『JVCKENWOOD JVC ロールバーマウント ADIXXION MT-RB001』、お腹の部分カメラを固定する 『JVCKENWOOD JVC チェストマウントハーネス ADIXXION MT-CH001』、完全に貼り付けて固定する台 『JVCKENWOOD JVC ワイドフレキシビルマウント ADIXXION MT-FM002』がある。

『Contour+2』は、重さは、155g、水深1mの防水、広角は170度、映像はフルHD。この機器も、スマホで録画中の画面を確認でき、スマホから録画のオンオフもできる。


Contour+2

この機器の特徴としては、GPSレシーバーがあり、GPSを使い、速度、高さ、距離のデータを記録できること。登山などで、地理的な情報が必要な場合は、このタイプの方がデータとして役に立つ。

別売アクセサリーとしては、頭部に取り付ける 『Contour ヘッドバンドマウント #3610』、巻き付けて固定する 『Contour フレックスストラップマウント #2755』、平らな面に貼り付け自由にカメラを固定できる 『Contour サクションカップマウント #2810』などがある。

『Panasonic ウェアラブルカメラ HX-A100』は、仮面ライダー1号で知られる藤岡弘(ふじおかひろし)を起用した宣伝で話題になった、今までになかったようなウエアラブルカメラ。映像はフルハイビジョン。

これまでの一体型から、録画機能がある本体部分とカメラ部分を分離し、録画部分が117gほど、小型カメラは30gほどという超軽量で、長時間でも違和感なく装着できるのが特徴。


Panasonic ウェアラブルカメラ HX-A100

防水が1.5m、防塵仕様。付属アクセサリーとして、耳に掛けカメラを固定する 『イヤーフック』、腕に本体部分を固定するケースがある。別売アクセサリーには、ベルトを巻き付けて固定する 『Panasonic ウェアラブルカメラオプション マルチマウント VW-MKA100-K』、一般的なカメラの三脚に取り付けられる 『Panasonic ウェアラブルカメラオプション トライポッドマウント VW-CTA100-K』もあり、これを使えば、様々なカメラ用マウントが利用できる。

こちらも、Wi-Fiに対応しているため、映像をスマホなどで確認でき、スマホから録画のオンオフもできる。ただ、設定などもスマホを使うのが前提のものだけに、スマホの代わりにパソコンと接続して設定するということはできない。

他のアクションカメラに比べ、気軽に取り付けられることもあり、例えば、マラソンなどで走りながらやロッククライミングなど、ヘルメットやゴーグルも付けずに行うスポーツで、違和感なく身に付けたいという方に向いている。

個人的な話としては、2年以上も前の話になるのだが、『Kenko 超小型ムービーカメラ VS-FUN mini』を購入したことがある。これは、現在のアクションカムに比べれば、格段に劣るものなのだが、カメラを構えるのとは違った感覚が楽しめて面白かった。

この製品、歩く程度なら問題なく、激しい運動や自転車、車などでは画面の揺れは多少ある。難点としては、内臓バッテリーなため、SDカードの容量が大きくても、長時間録画ではバッテリーの持続時間がネックになる。録画容量よりも、バッテリーが先に上がってしまうというものだった。

当時に比べ、何が違うかというと、スマホを活用するところだろうか。カメラを遠隔操作でき、録画のオンオフまで出来るため、使い方によっては、十分、悪用されるだけの性能を兼ね備えている。

スポーツで使う場合、そのときの状況が、リアルな視点で見直せるのは画期的なことで、カラダを動かす上での大きなモチベーションにもつながりそうだ。

いろんなものが、視点を変えただけで、全く違った一面が見られる。これは、新しい発見というと大げさかもしれないが、観た人が、追体験できるため、凄さを語るよりも、映像で見せた方が理解されることもあり、ドキュメンタリーを見せるような面白さもある。










 

JUGEMテーマ:日記・一般
category:超小型ビデオカメラ・撮影,2013.11.26 Tuesday