RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

category:-,2015.10.11 Sunday
カセットボンベだけあれば、電気も電池もいらない!コンパクトで停電時にも便利、普段使いでもなかなか カセットガスストーブ


最近、イワタニから、鍋などでお馴染みのカセットコンロに使うガスボンベを使った、カラフルなカセットガスストーブ CB-STVのCMをよく見かけるが、カセットガスストーブはどうなのだろうか。

カセットガスストーブは、家庭用暖房器具としては、あまり知られておらず、暖房器具を買うぞというときに、まず、思い浮かばない。では、新しい分野なのかというと、実はそんなことはなく、コンパクトで携帯に便利なことから、アウトドアや釣りなどではよく使われ、屋内用というものも中にはある。アウトドア向けとしては、かなり前からあるもの。

そのため、あまりテレビCMなどで見かけることもなく、知名度が低いのだが、イワタニでは、室内用カセットガスストーブで大きく宣伝、他の暖房とは違うため、どこか新鮮さも感じる。

室内で使うとなると、日々使うだけに、まず、気になるのが、効率、割に合うものなのかということで、これを少し考えてみよう。

ガスボンベは、意外と価格差が激しく、1本300円以上するものもあれば、100円ぐらいというものもある。中身については、昔は差があったものの、現在ではその差はほとんどない。

問題は、都市ガス、プロパンガス、ガスボンベで、コスト面はどうなのか。都市ガスとプロパンガスは中身が違うため、同じ量でも熱量は違う。2013年10月の全国平均でみると、1円あたりの熱量は、都市ガス 約61.45kcal、プロパンガス 約46.24kcalになる。では、ガスボンベはどうだろうか。

ガスボンベは、ノーマルとハイパワーに分かれ、ノーマルは中身がブタン、ハイパワーはイソブタン。何が違うかというと、ノーマルが-0.5度までの使用に対し、ハイパワーは-11.7度でも使えるのが特徴。

さらに、ハイパワーにも種類があり、イソブタンが70%のものと、95%ほどのタイプがあり、もちろん、後者の方が高い。そのため、ハイパワーにも、安いものと高いものがある。

熱量に関しては、大きな差がないため、ノーマルの液化ブタンで計算すると、1kgあたり11830kcalだから、ボンベ1つ(250g)が300円だと、1円あたり約9.86kcal、100円の場合でも、1円あたり約29.58kcal。

もし、ガスボンベ1つが100円でも、プロパンガスより安いとまでは言えないが、電気の1円あたり約37.39kcalだから、これにははかなり近い。使用する燃料としては、ガスボンベはやや高めにはなるが、保管しやすさを考えると、そう大きな差ではないかもしれない。低価格なものでは、100円を切ることもある。

カセットガスストーブは、本体の大きさだけでいえば、電気で動くセラミックファンヒーターも小さいものがあるが、コンセントに差し込み、それなりに大きな電力を消費しているが、カセットガスストーブの場合、よくあるタイプで、1時間あたりに1.0kW(900kcal)ほどの熱を発するが、これが、ガスボンベだけで本格的に温かいのがスゴイところ。

最大 1.0kWだと、ガスボンベ1つで、3時間半ほど。震災後、停電が続いたことから、石油ストーブが見直され、我が家でも購入したのだが、カセットガスストーブも、コンパクトさでは優れており、電池すら不要ない。灯油よりも、ガスボンベの方が保管しやすく、カセットコンロの煮炊きにも使えて、こちらも十分選択肢になり得る。

イワタニが発売したカセットガスストーブは、屋外やアウトドア向けと違い、安全機能が充実している。室内酸素濃度が低くなるとガスを遮断する不完全燃焼装置、火が消えると自動でガスを遮断する立消え安全装置、カセットガスの圧力が異常に上がると自動でガス缶がはずれたり、転倒時の消火など、室内専用はダテではない。

重さは、ガスボンベを含めても約3kg、見た目も良く、室内向けに洗練された感がある。ただ、これには、オンオフのみで、燃焼具合を調節することはできない。ワインレッド、マカロングリーン、マカロンピンクのカラフルな3タイプを今年発売したが、これは、昨年、灰色のみで発売し、早々に売り切れたヒット商品がもとになっている。

イワタニという名は、聞いたことがある方も多いと思うが、どんな企業なのかというと、家庭で使うガス機器を取り扱うだけではなく、ガスの産出国からLPGを買い、輸入なども行なうガス・エネルギー企業。液化石油ガス(LPG)のシェアでは、国内トップ。

屋内用としては、『グリーンウッド カセットボンベ式ポータブルヒーター 屋内用 ブラック GCP-221』などもあり、こちらは、最大 2.2kW(1,900kcal/h)だが、火力調節機能がある。こちらも、転倒時消火、不完全燃焼防止機能もあり、イワタニのカセットガスストーブとほぼ同じ安全機能がある。

屋内用と屋外用の違いは、各種安全機能があるかどうか。カセットガスストーブは、本来は屋外で使うものだけに、屋外用はかなりある。使う状況としては、キャンプや釣りなどのアウトドアになるが、屋外でのバーベキューでカセットガスストーブを使うと、かなりリッチというか、場馴れした感があり、カッコがいい。

屋外用では、『GASPIA(ガスピア) カセットボンベ式ポータブルガスヒーター PGH-1100』、『グリーンウッド ポータブルヒーター GCP-160』、『カセットガス ジュニアヒーター イワタニ CB-JRH-2 』など。

『カセットボンベ式ポータブルガスヒーター PGH-1100』は、一見、オーブントースターのようなカタチ。専用ケースがあり、これに入れれば、持ち運びにも便利だが、保管するにしても、湿気が多い物置でも傷み難く安心。ヒーター部分は、1時間あたり 800kcal。

『グリーンウッド ポータブルヒーター GCP-160』は、ヒーターは最大で1.6kW(1400kcal)、火力調節はできるため、ガスボンベ1つで強なら2時間ほど。安全装置は、ガス缶の圧力向けのみ。風に弱いところも。

『カセットガス ジュニアヒーター イワタニ CB-JRH-2』は、必要最小限な作りで、これ以上ないコンパクトさながら、本格的なヒーター。最大で1.4kW(1200kcal)で、普通のガスボンベなら3時間使える。収納袋も付いている。

この他、カセットガスストーブとしても使え、普通のガスコンロとしても使える、一台二役な製品もある。災害時には、これ一台あれば、かなり役に立ちそうだ。

手軽に温まるものとしては、カセットガスストーブは他にない特徴があり、魅力を感じる。室内用なら、コードのわずらわしさもなく、どうしてもニオイがある灯油を用意し、保管する手間もない。買い物に行くのが面倒なときでも、ガスボンベをネットで注文すれば済み、ガスボンベはニオイがない分、どこにでも仕舞える便利さがある。

屋外用でも、寒い中でのアウトドアでは必須だが、コミケなどで外に長時間並ぶようなときでも、これがあれば、屋外の寒さ対策としては万全。四季があり、寒い時期が必ずやって来るため、外で作業するときに、あればあったで使いそうだ。

灯油は、確かに、電気やガスに比べれば、割安ではある。ただ、灯油は、店頭で買うにしても、配達してもらうにしても、何かと面倒が付きまとう。これに比べると、ガスボンベは、スーパーだろうが、ホームセンターだろうが、ネットでも普通に売られているため、簡単に入手できる。これは、スゴイことだ。

寒い時期になると、どうしても、灯油のわずらわしさが頭にあり、この不自由さはどうにかならないものかと考えていたため、『イワタニ カセットガスストーブII マカロングリーン CB-STV-2MG』を購入。

以前に、『電気ひざ掛け』の話を書いたが、もちろん、温かいは温かいが、冬が深まるにつれ、電気ひざ掛けをかけていない部分が、やはり、肌寒さを感じる。これなら、上から下までの着る電気毛布にすればよかったかなと思ったり。とにかく、石油ファンヒーターは、使いたくないことに変わりはない。

このイワタニ カセットガスストーブ兇蓮△匹里らいの大きさかというと、カセットコンロみたいなもので、それを立たせた様な感じといえば分かりやすいかもしれない。温かさは、思ったよりも温かく、点けてすぐの温かさでは抜群じゃないだろうか。石油ストーブのように、下から徐々にというのとも違う。

ニオイは、どうかというと、これを使い始めてから、家族が使う石油ファンヒーターのニオイが結構気になるほど、ニオイがない。あと、気が付いたのが、普通、ストーブは本体の上に、熱がどんどん上がるものだが、このカセットガスストーブは、意外と上が熱くならない。

反射板の配置のせいか、本体の高さが低いせいか、温かさが、広がってるようなところも、よくある石油ストーブとは違う。普通、石油ストーブは、上ばかりが熱くなり、サークレーターでも回さない限り、温度のムラが大きいが、これは、そうでもない。

買うときに、気になったのが、燃焼調節ができない、つまり、オン/オフしかなく、燃焼を低めになど調節できないことだったが、使ってみると、別になくても構わないというか、寒ければ点けて、熱ければ消すという感じで問題なかった。もしかすると、安全性を考えると、点くか、消すかが、ハッキリしている方がいいのかもしれない。

実際、使ってみると、この手軽さは、今まで感じたことがなく、多少、灯油より高くても、停電の備えを抜きにしても、便利な方がいいと改めて。

アウトドアモノが、室内で普通に使えるというのは、なかなかスゴイ。それにしても、昨年に売り切れただけのことはあり、イワタニ カセットガスストーブ兇蓮⇒汁朿阿僕イ譴發里世辰拭

屋内用 カセットガスストーブ


屋外用 カセットガスストーブ



 
JUGEMテーマ:日記・一般
category:冬の暖房 石油ヒーター ・ストーブ,2012.12.07 Friday
スポンサーサイト


category:-,2015.10.11 Sunday