RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

category:-,2015.10.11 Sunday
寝袋の温かさそのまま、心地良く、着たまま動ける人型寝袋


寝袋というと、中にすっぽり入ると動けず、顔だけ出して寝るだけだが、この『ドッペルギャンガー ヒューマノイドスリーピングバッグシリーズ』は、寝心地をそのままに、普通に動くことができる人型寝袋。

着ぐるみのようなもので、厚着をすればいいじゃないかと思われそうだが、大きな違うは体の楽さ。素材がやわらかく、顔以外は全て覆っているため暖かく、機能的な作り。

収納時は、半径20cm、高さ30cmほどの円筒形、重さは1.3kg。サイズは、身長143〜185cm、ウェストは50〜90cm。身長によっては、脚の辺りが余りモコモコになるが、素材がやわらかい分、それほど気にならない。

通常は、顔以外は全部覆った状態。各場所にチャックがあり、指先を開けば手も出せる。もちろん、体の正面にあるファスナーは外側からも内側からも閉められる。

とにかく、ファスナーがあちらこちらにあり、装着しながら一部のチャックを開き、中で着ている衣類のポケットに手を入れることもできる。蒸れないための通気性のコントロールなどにも使える。背中には、ホッカイロを入れるポケットもあり。

さらに暖かい人型寝袋として、『ヒューマノイドスリーピングバッグ ヌクヌクシリーズ』。こちらは、中わたを1.5倍、裏地が毛羽立つ感じのフランネルで肌触りがいい。

大きな違いとしては、ヌクヌクシリーズは、足にファスナーがあり、これを開き、まくり上げれば靴を履くこともできる。

ここで、ドッペルギャンガーって何だ?という方のために。自分そっくりの分身がいるという 『ドッペルゲンガー』っぽく、ドイツ風に聞こえるが、実際は、日本のビーズという会社のブランド。

ドッペルギャンガーは、自転車を中心に展開するスポーツブランド。これのアウトドアラインとして、『ドッペルギャンガー アウトドア』がある。コンセプトは、『アウトドアを手軽に誰でも楽しめる』。機能性とデザイン性の融合を目指している。

個人的には、暖房の節約などなら通常のものでも十分暖かいのだが、暖房機のない災害時や屋外だと寒さが格段に厳しくなるため、『ヌクヌクシリーズ』ということに。ただ、ヌクヌクの方が、値段は高め。




 
JUGEMテーマ:日記・一般
category:寝袋・毛布,2011.03.17 Thursday