RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

category:-,2015.10.11 Sunday
中国の大気汚染 花粉よりも手強い PM2.5対策 どんなマスクを着用するか 花粉用、風邪用、N95、粉じん用、DS2


中国の大気汚染で、最近、問題になりつつあるのが、PM2.5 (ピーエム2.5)。PM2.5は、2.5マイクロメートル以下の微小粒子のことで、この大きさは、髪の毛の太さの1/30。

これらは、工場の煙突や自動車の排ガスに多く含まれる粉じんのようなもので、中国での急速な経済成長の裏でないがしろにされてきた環境問題が、これまで類をみない大規模な公害として表れたもの。

PM2.5を大量に吸い込むと、気管支炎、喘息(ぜんそく)、肺がんになる恐れがあり、花粉症も悪化すると見られている。

花粉症と大気汚染は、複合汚染を引き起こすということは、日本ではすでに研究で確認されている。花粉症と微小の炭素状粒子が体内に入ると、合併症のような症状になり、花粉症は鼻水や目のかゆみなどだが、微粒子は肺の肺胞にまで入り、炎症を引き起こし、細胞死が増加すると最悪、肺がんになることもある。

このPM2.5への日本の環境基準は、大気1立方メートル当たり日平均 35マイクログラム以下、通常は、これを下回っている。これが、中国国内、北京では一時 900マイクログラムを記録、300マイクログラムなら低い方だというからレベルが違う。

すでに日本へも影響は出始めており、九州の福岡県 福岡市では、今月に入り全国初の予報制度を開始。2月22日の全6ヵ所の観測地では、1日平均値が39〜49マイクログラムと環境基準を超え、翌日の23日には、西区元岡では時間平均で104マイクログラムを記録。

福岡県内では、22日に大宰府市で1日平均 54マイクログラムを記録、県内観測地18ヵ所のうち、17ヵ所で環境基準を超えている。

環境省では、環境基準の2倍にあたる 1日平均 70マイクロメートルになると、各都道府県で外出や換気を避けるよう対策案を出しています。

冬の時期は、大気の動きが活発ではないため、中国の上空にある大気は頻繁に日本に流れ込まないものだが、3月から夏前までは、移動性高気圧の影響で、日本の方向へ流れる。

本格的に、日本に影響が出るのはこれからで、これは、ちょうど花粉が飛ぶ時期とも重なっている。私自身は、酷い花粉症で毎年悩まれるため、今回は、PM2.5も考慮して、マスクを買うことに。

PM2.5は、2.5マイクロメートル以下という意味で、これより、小さいものも含んでいる。そのため、外出する際に使うマスクも、最低でも、2.5マイクロメートルを通さないもの、できれば、もっと細かいマスクがいいということになる。

マスクは、空気中に浮遊するものを吸込まないようにブロックするものだが、浮遊しているものの大きさは様々で、何を吸込まないように作られたマスクかで、フィルターの細かさが違う。

身近な花粉用マスクは、花粉をブロックするものだが、花粉は意外と浮遊してるものの中では大きく、10〜30マイクロメートルもある。これだと、PM2.5よりも、かなり大きいため、PM2.5向けとしては、花粉用マスクは効果がほとんどないことが分かる。

風邪用マスクは、どうかというと。N95、N99、N100と書かれていないものの場合、飛まつ、セキをしたときに口から飛ぶしぶき向けに作られているため、飛まつの大きさである5マイクロメートル向けとなり、これで、PM2.5向けに使うのは心もとない。

風邪用マスクでも、N95、N99、N100というものがあり、この意味は、0.1〜0.3マイクロメートルの微粒子を95%カットできるのが、『N95』。99%が『N99』、100%が『N100』という意味。米国労働安全衛生研究所の規格。

ウイルス用マスクとして、一般的なのが、N95なのだが、これは、北京の日本大使館での日本人向け説明会でも、N95のマスクを使うよう呼びかけている。
 
N95、N99、N100だと、PM2.5の他、火山灰などでも使えるレベル。身近に、火山があり、噴火するような場所なら、火山灰向けとしてもあると役に立つ。

N95などのマスクでは、『山本光学 YAMAMOTO 7500 N95マスク 20枚入』、『N95マスク スーパーガードプロ』、『MEDICOM N95マスク AM42-2320-20【1箱(20枚入)】〔ウィルス・花粉・黄砂対策〕』、『N95マスク(折りたたみ式) 1870』など。

花粉用、風邪用が身近なマスクですが、もちろん、粉じん用マスクも効果がある。粉じん向けということで、防じんマスクとも呼ばれる。

防じんマスクには、厚生労働省国家検定規格もあり、あまり知られていないが厳しい基準で、0.06〜0.25マイクロメートルの粒子で、どのくらいブロックできるかを表したもの。

この規格では、市販されえいるものの性能が条件を満たしているか、抜き打ち検査を定期的に行っている。N95に相当する、防じんマスクの規格は、『DS2』。DS1よりも、DS2の方が優れている。

DS2の防じんマスクは、『防じんマスク No.9322J-DS2 1パック (10枚入) No.9322J-DS2』、『トラスコ (TRUSCO) 使い捨て防じんマスク 10枚入り T35-DS2』、『3M(スリーエム) 防護マスク 9211 N95 10枚入』、『3M社製 N95マスク 8210 N95(1箱20枚入)』など。

使い捨てではない防じんマスクは、さらに、高性能。業務用としても使われ、呼吸もしやすく、1つのフィルターで長時間使える。

高性能な防じんマスクは、『シゲマツ 取替え式防じんマスク DR31C2ML』、『防じんマスク No.6000/2091-RL3 M No.6000/2091-RL3』、『興研 防じん機能付き防毒マスク 7121R-02型』、『3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率) 放射能物質対応』など。

私が購入したのは、『山本光学 YAMAMOTO 7500 N95マスク 20枚入』。見た目が、ありがちな立体マスクに近く、折りたためばコンパクトで持ち運びにも便利。

ちょっと大きめ箱に入っているのだが、一つ一つが個別包装。耳に掛けるタイプのマスクと違い、頭の後ろに2本のヒモをかけ、好みに合わせて締めることもできる。

使わないときは、ヒモを1つ外ずし、折りたためば、コンパクトな状態で首から下げることもでき、必要に応じ、付けたり、外したりがしやすい。

生産国は、中国なため、現在の状況を考えると、どうしようかとも思ったのだが、どこのメーカーも中国製が多く、中国メーカーのマスクを輸入して販売しているだけというモノではないだけに、日本メーカーならということで、購入した。

見たところ、立体マスクとしては低価格な方ながら、品質は良さそうと好印象。マスクをつけると、ちょっと尖った状態にはなるのだが、街中では、このくらいならおかしくはないだろう。

N95マスク


防じんマスク N95、DS2(N95相当)


高性能 防じんマスク



 
JUGEMテーマ:日記・一般
category:花粉症、PM2.5、黄砂、放射能対策,2013.02.27 Wednesday
家庭で使える!低価格な放射能測定器 ガイガーカウンター RADEX、ロシア政府公認、米軍使用など


原発事故から半年以上も経っているが、いまだにその影響は深刻で、今でも放射線量の話はよくニュースで取り上げられるのだが、最近、とくに多いのが、遠く離れた街でのホットスポット。

横浜市港北区ではマンション屋上に堆積した土砂から1kg当たり 59ベクレルと129ベクレルのストロンチウムを検出、この他、各地の小学校では、排水溝などで高い放射線量を確認され、除線している。

あちらこちらで、ホットスポットが見つかり、大きな話題になっているのだが、そのキッカケとなる情報は一般の方が調べて通報というのが多い。これは、放射線を測定するガイガーカウンターを持つ人がそれだけ多いということになる。

調べる範囲があまりにも広く、国や市町村では隅々まで検査するのは不可能。他人任せにできるレベルではないのかもしれない。誰かがしてくれるではなく、自分の身の回りは、自分で調べるしかないのかもしれないと思い始めた。

はじめは、大丈夫じゃないかと楽観的に思っていたのだが、風などの影響で、200km以上も離れていながら、避難区域と変わらないような高い線量が確認されたりすると、手遅れになる前にしなければという気になる。

福島原発事故直後は、品薄だったガイガーカウンターも、現在は、品揃えが充実しており、価格も落ち着き、お手頃感はある。それでも、それなりの値段ではあるのだが。

以前にも、ガイガーカウンターについて書いたのだが、食品の放射線量を測るわけではなく、その空間にどの程度あるかが分かればいいため、性能はそれなりで十分。それを知るためのガイガーカウンターなら、選択の幅は広い。

『SOEKS-01M 最新型ガイガーカウンター 放射能・放射線測定器 RADEXシリーズ同様型検出器採用 高性能CEマーク付き』は、ロシア政府公認のガイガーカウンター。2011年5月末に発売された最新モデル。

検出できる線種は、ガンマ線、エックス線、ベータ線、測定範囲は、0.03〜1000μSv/h(マイクロシーベルト毎時)、γ線エネルギーレンジ 0.1MeV(ミリオンエレクトロンボルト)〜。計測時間は、20秒以内と比較的早い。

本体には、ミニUSBポートがあり、パソコンとUSBケーブルでつなげば充電できる。通常は、単4電池2本。

旧式の『SOEKS-01』と最新の『SOEKS-01M』の違いは、最新版は、放射線量を検出する部分が大きくなり、測定時間は1/3と改善されている。

『Geiger counter(ガイガーカウンター) RD1503 ロシア製』は、測定範囲は、0.03〜9.99μSv/h。3段階の数値でアラームを鳴らすことができる。単4電池2本の電池式なのだが、550時間ほどの連続使用が可能。日本語説明書もついている。

『放射能測定器 RD1706』も、似たような性能なのだが、違いは、ガイガーミュラー管という放射線量を測定する機器が2つ搭載しており、より正確な値になる。

RADEXは、テレビのレポーターなどが利用する姿もあり、人気がある。測定範囲が、狭いように思われるかもしれないが、立ち入り制限区域ほどの線量だと振り切れてしまうが、離れた場所で、街中のホットスポットを調べるなら十分なレベル。

『米国DOSERAE2 PRM1200 パーソナル高性能放射線測定器 【日本語説明書・1年間保証】』は、ダイオードとシンチレーション結晶によりX線とガンマ線を検出、線量率をリアルタイムで表示できるというもの。測定範囲は、0.01 μSv/h〜10 Sv/h。アラーム機能があり、音、LEDライト、バイブレーションで知らせる。

パソコンからでも、家庭用コンセントからでも充電できるアダプタ、日本語マニュアルもある。管理ソフトは、英語版だが、ダウンロードにより日本語版になる。

この機器の特徴としては、シンチレーション式で低い線量にも対応。これまで取り上げた放射線量を検出するということだけではなく、線量のデータを記録しており、どのくらい浴びたかという線量計にもなっている点。

パソコンと直接つなぎ、線量のデータとして管理することができるため、放射線を調べるだけではなく、線量まで調べたいという方には役に立つ。米陸軍が実際に採用しているものだけに、信頼性は高い。

値段が、検出+線量計だけに、割高にはなっているが、放射線による汚染が身近な環境では、かなり頼りになる製品なのは間違いない。

ガイガーカウンターは、いろいろあるのだが、購入後の動作トラブルが多いもの、計測する数値がいい加減なものなど様々。中でも、折り紙付というか、低価格でも比較的信頼度の高いもの、人気があるものをまとめた。

購入する上で、個人的に悩んだポイントは、米軍利用という言葉にはかなり引き付けられるところはあるのだが、DOSERAE2のような線量計までの機能は使わないことを考えると、放射線量を測るのみの機器になる。

価格の安さで考えると、『SOEKS-01M』と『RD1503』で迷ったのだが。測量の違いとしては、『SOEKS-01M』が20秒で結果を出すのに対し、『RD1503』は何度か計測して平均を表示する。

ただ、これについては、『SOEKS-01M』による計測を自分で繰り返して、平均を見てもいいと考えると大した違いではない。

最後は、『SOEKS-01M』は、液晶画面で、メッセージ+バックのカラーで危険度を知らせる。問題ないグリーンから、線量が強いイエロー、そして、危険を表すレッドへ。さらに、ミニUSBでも動くとなると、ミニUSB対応のポータブルバッテリーがあり、これと組み合わせて使うこともできる。

ロシア製というのは、あまり馴染みはないのだが、過去にチェルノブイリ原発事故があり、汚染された経緯を考えると信頼性は高そうな印象がある。そこで、ロシア政府公認で最新モデルという 『SOEKS-01M』を購入することに。

大きさは、携帯とそう変わらず、重さも思ったよりは軽い。表示言語は、ロシア語と英語に対応。英語が出れば、大体分かるため操作は難しくはない。基本的に、ボタンを押せば計測し始めるだけ。

思わぬところといえば、調子に乗って、あちらこちらを測定したせいか、電池の消耗が意外に早い。液晶部分がカラーで、比較的大きいせいかもしれない。

使った感想としては、使い勝手も良く、ガイガーカウンターとしては安い方なのだが、家庭で使うには十分の性能がある。今まで大丈夫だろうかと感じていたことが、自分で計り確認できると、やはり、安心感が違う。

ここで、注意したいのが、ガイガーカウンターの正しい計り方。放射性物質が、付着しないようにビニールなどで包み測定器が汚れないように。これが、汚れてしまうと、低い値を測定するデリケートなものだけに、非常に厄介になる。

空間線量を計るとき、測定器でガンマ線ならガンマ線と線種を選んで測定できるものならいいのだが、手に入りやすいガイガーカウンターではその機能はなく、そのため、ベータ線などもまとめて測定すると、値が非常に高くなる。それを避けるためにも、地上から1mで計れば、ベータ線の影響は少なく、正しい値に近い。

後は、放射線量の測定値は、あくまでもこんな感じというもので、各社のガイガーカウンターで計ってみると、それぞれに若干の誤差が出る。

多少の誤差はあり、レベルとして、問題があるほど高いかどうかが分かれば十分で、細かい数字の違いは、あまり気にする必要はなさそうだ。




 
JUGEMテーマ:日記・一般
category:花粉症、PM2.5、黄砂、放射能対策,2011.10.20 Thursday
気になる放射能をボタン一つで測定!国内で広く使われている放射能測定器


震災後、被災した原子力発電所から漏れ出した放射能のレベルが、連日のように報じられ、『食べて害はないけど食べないでください』という政府の発表は、言うこととやることが違うような、内容が噛み合わないような違和感があるもの、それだけに不安を感じる。

検出される放射能のレベルは、日々変わり、もう産地も関係なくその野菜を食べなければいいという人まで出ており、混乱している。

放射能のレベルが、常に一定なら話は早いのだが、どういう経緯で放射性物質が付着したのかでも数値は大きく違い、厳密に言えば、出荷を控えるよう指示されている地域でも、ばらつきがある。

この状況は、体に害を与えるような残留農薬などが中国産などの野菜に付着し、問題になった話とどこか似ており、食の安全が脅かされているのは同じこと。

ただ、農薬と放射能では大きな違いがあり、有利な点もある。それは、薬物を検出するには、保健所や研究機関に持ち込まなければいけないが、放射能に関しては、常に放出されているため、機器は必要だが調べることができる。

放射能を測定する機器は、ガイガーカウンターと呼ばれ、中でも日本国内で普及しているのが、『放射能測定器 ガイガーカウンター RADEX RD1503』。

使い方は簡単で、本体に電池を入れ、右下にある大きな丸いボタンを押すだけ。後は、調べたいものにかざせば、40秒以内に計測、マイクロシーベルト毎時の単位で表示される。

この値に、x24で1日分、x365で1年分。さらに、1年間に体にどのくらい放射線を浴びるかで人体への影響を計るのだが、単位がミリシーベルトなため、マイクロシーベルトをミリシーベルトへ、x0.001で計算する。

左下にある小さな2つのボタンは、メニューボタン。どのくらいのレベルを測定するとアラームが鳴るか、バックライトのあるなし、どこで売ってるかなどの情報があるだけ。正直、これらのボタンは使わなくても、全く問題ない。

人体に影響がある放射線として、ベータ線は紙などを通り抜け、ガンマ線ではアルミホイルなども突き抜ける。この通り抜ける特性があるだけに、どの程度かを調べることはできる。

ガイガーカウンターは、いろいろあるのだが、RADEX社製は、どちらかというと高めの数字になる。計測できる精度により、極わずかな誤差はあるもので、放射線量を知る上では全く問題ない。 また、この機器で計測できる範囲は、0.05〜9.99マイクロシーベルト毎時。

さらに、放射線については、その量が問題なのだが、宇宙からも降り注ぎ、野菜や果物などにもわずかながら出ているのが自然な状態。ガイガーカウンターをかざせば、数字で出る。そのため、数値が0だから安全、わずかでもあれば危険という話ではない。

このガイガーカウンターは、輸入品になるため、値段もやや高め、説明書は英語。ただ、ボタンを押すだけで計測されるため、説明書を読まなくても簡単に使うことはできる。小型で電池式なため、携帯できる便利さがある。

ここで、気になるのが、食品に含まれる放射線量をどうやったら測定できるか。これについては、食品内部に放射性物質が付着しているのか、それとも内部にあるのかで大分違う。

表面なら、比較的測定しやすいが、内部となるとやはり感度のいい業務用の測定器が必要になり、一般に使われているハンディタイプでは難しい。国が定める暫定基準値では、測定する放射線量は小さいため、感度の良し悪しで大分数値が違ってしまう。

それでも 、一般に手に入るハンディタイプで、食品を調べたいとなると、Mirion Technologies社の『RDS-80』、RAE SYSTEM社の『GammaRAE II R』は特に感度がよく、ハンディタイプではトップクラス。

感度が良い分、個人で買うには値段が高いのだが、それでも、正確に寸分たがわず値が分かるとまでは言えないが、値への信頼性が高いため、目安とすることはできる。

最後は、個人レベルで、自分自身で計測するのが安心ということにはなるのかもしれない。




 
JUGEMテーマ:日記・一般
category:花粉症、PM2.5、黄砂、放射能対策,2011.03.30 Wednesday